« | »

2011.07.17

ナラティブ・ツーリズム(物語観光)の夜明け

7月1日、今年も石川県内のお菓子屋さんの店頭に「氷室饅頭」が並ぶ季節がやってきました。その昔、加賀藩が幕府に氷室の氷を献上した日にちなみ続けられるこの風習。県内の方々には馴染み深いことでしょう。この日、金沢に行けないものか。毎年、縁起ものの酒饅を目当てに旅を企むのが楽しみです。

饅頭好きだから甘党かといえばそうではなく、どちらかというと私は左党。

9月9日、重陽の節句。石川県内では、夏の間、樽の中で熟成され、まろやかさが増した日本酒、「ひやおろし」が一斉に解禁されます。一週間前に解禁された日本海の「底引き漁」で揚がった新鮮な甘エビやのどぐろをサカナに、今年の新酒をたしなむことが待ち遠しくてなりません。菊の節句ですから、菊のつく名前の酒蔵からでも買ってきましょうか。

11月、ずわいがにの解禁で日本海が賑わうのをよそ目に、11月下旬、私は長野県の伊那地方にこもります。なぜって、11月15日の狩猟解禁を境に出回る信州ジビエを求めて大鹿村の温泉にかけつけるから。鹿塩温泉から取れる珍しい山塩を振っていただく猪のグリルにしましょうか。それとも、雲海を眺めつつ入る赤石荘の露天風呂の湯上りに、地元の棚田米で醸した銘酒「おたまじゃくし・晩秋ひやおろし」を傾けつつ、新鮮な鹿刺しをいただきましょうか。

日本各地には、おいしい「解禁日」がごまんとあります。それも、オフシーズンと言われる季節に。

地元から門外不出の情報に、一人ひとりの旅の「ものがたり」が紡がれていきます。そんな旅の提案ができる地域こそが、これからの勝ち組となっていくはずです。ただ、全国各地、まだまだ「物語構成力」が足りませんが!

そんな地域のために、日本文化研究センターの白幡洋三郎先生を中心に、日本各地の「物語」を研究・発信するため、産官学の有志が集まり「ものがたり観光行動学会」が立ち上がりました。

第1回年次(全国)大会は10月15日(土)。尼崎で開催されます。物語構成力の強化に悩む全国の皆さん、この日尼崎に集まりませんか!


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。