« | »

2011.04.30

エシカル・ツーリズム

GWいかがお過ごしですか。

新聞で報道されていますが、このGWに東北の被災地へボランティアに出かける方々が多いようです。
ただ、ボランティアを仕分ける現地の事務処理がキャパシティを超え、被災地では渋滞が起きるなどして、宮城県ではボランティアの受付はいったん中止になったと報じられていました。(福島県や岩手県は受付中)

宮城県ボランティアセンターでは、かねてから「ボランティア・バスパック」を推奨し、「個人で来るのではなく、グループで乗り合い来て欲しい」と発信していました。 でも、その情報をつかむ前に出かけてしまったり、コーディネーターがいないために乗り合いできない、といった事例が多かったのだろうと推察できます。

NPO法人みえ防災市民会議さんでは「災害ボラパック」という、ボランティアバスをコーディネートするためのマニュアルを制作されています。 確かに、バスチャーターには相当のパワーが必要になることがわかります。

そこで、本来であれば、今こそ「旅行会社の出番!」と言いたいところなのですが。 ノウハウがないことから、できないのでしょうか。 26日に開催された全国国内活性化フォーラムでも、全旅の池田社長が「今こそ、東北の旅行会社が現地をコーディネートし、全国の旅行業がボランティアパックを売ろう」と仰っていましたが…..難しいのでしょうか。

いいえ。 旅行業(KNT)出身の壱岐さん率いる「NPO法人 リボーン・エコツーリズムネットワーク」さんの「天ぷらバスで行くボランティアチーム」は、2回ともあっという間に満席になったそうです。ちゃんと、ノウハウはあるのです。

さらに、ダイヤモンド・ビッグ社「東日本大震災ボランティア・パッケージ2泊5日」についての問い合わせや申し込みもひきをひらないようです。 ここでは、主催するダイヤモンド・ビッグ社も、ツアー手配をするトップツアーも「一切、収益は得ない」と書かれています。 結局は、ここなのでしょう。 きっと、多くの民間企業にはボランティアはできないのです。 しかし、バスを仕立てて来て下さいと言われる。 そのため、居ても立ってもいられない個人の方々が旅立ち、今回のようなボランンティア渋滞ができてしまったのでしょう。

私も旅行業出身者として、今何もできないことが情けなく、悲しいです。 旅行業の多くの仲間たちもそう思っているでしょう。 多くの旅行会社は、きっと、秋には、「震災から立ち直った紅葉の東北へ!」と、いつものようなツアーを売るまで、西日本や沖縄を売って食いつなぐんでしょう。

しかし、今こそ(特にこの夏まで)、日本中に「何か貢献したい!」という思いが渦巻いているときはありません。 

海外の第三世界へのボランティアへ旅立つ「スタディ・ツアー」のような、恒常的な(特に被災地に限らなくとも)「エシカル・ツーリズム」を日本に根付かせるグッド・タイミングはないと思います。

今からでも遅くはありません。 この夏に向け、これまでにない、スタディ・ツアーをたくさん世に出していきましょう。旅行業の皆さん!


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。