« | »

2011.03.28

相双の復活を祈ります!

南相馬市「翠の里」

この度の大震災・大津波・原発事故と三重苦に見舞われた福島県相双地区…
つい先日、南相馬市鹿島区の農家民宿「翠の里」さんにはお世話になりました。無事、疎開されていることでしょう。

原発のお膝元の富岡町には、岩井戸温泉というよい湯があり、ゆっくりさせていただきました。
夜の森地区では、「日本一の桜並木」が、誰からも愛でられることなく、もうすぐ今年もまた咲いてくれることでしょう。

相双地区の皆さん、お元気でしょうか!

こんなことになってしまい、日本で最大の犠牲者になってしまわれたことに心からお見舞いを申し上げます。
しかし、どうして、原発に県名が付けられてしまったのでしょう。 保安院1号機とか付けておけばよかったに…

某テレビ局のご長寿番組、DASH村も、もう放送されないかもしれません。
アヒル村長がきっと永遠に家を守ってくれることでしょう。

どうしてこんなことになったのか。
日本人の私たちは、この素晴らしい「地域」の一部を、史上初めて犠牲にしなくてはならないかもしれません。
立入禁止の国土を作った時代に生きた私たちの責任は、末代まで語り継がれても仕方ありません。

一刻も早く、相双地区に平和な日々がふたたび訪れますように。 また、穏やかな土地が戻ってきますように。
おいしい干物をまたいただけますように。願わずにはいられません。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。