« | »

2011.03.24

放射能泉は健康によいのに。

原発事故の影響を受けて、大気中や水の放射能が問題になっています。

水に関しては、以前、WHOの基準に照らせば「温泉成分に含まれたホウ素・フッ素を長期にわたり摂取すれば歯が黒くなる等の悪影響を及ぼす」と勧告され、温泉成分を除去せよと温泉旅館が命じられた時を思い出します。
放射能の影響を受ける福島県浜通りの一部地域では、ヨウ素剤が配布され、今度はヨウ素が含まれているので乳児は水の摂取を控えよ、とまったくの「説明不足」な説明が続いています。 ここでも「長期に」という説明が抜けていると思えてなりません。 さらに金町浄水場で検出されるということは、他の浄水場でも出るわけで、それこそ関東・東北がパニックになるおそれさえあります。 池上彰さんの番組視聴率が上がる理由がわかります。

少なくとも、放射能に関しては、温泉成分にも含まれているわけで、新潟県村杉温泉の「角屋旅館」さんが、きちんとホームページ上で説明されています。 これをお読みになると、0.3マイクロシーベルトというのが温泉並み程度というのがおわかりになると思います。

政府はきちんとした説明責任を果たして欲しいですね。 このままでは、一部企業(外資からの水輸入企業等)の株が上がる効果しかありません。 シャングリ・ラ東京さんや箱根の湯ネッサン同様、休業せざるを得ないサービス業が続出してしまいます。 すこし様子を見ていようと思います。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。