« | »

2011.03.12

地震の日に

東京は無事です。

なにやら、全国の方々(特に旅館の友人)から「大丈夫か!?」とのお声がけを多数いただいております。
どちらかというと立場が逆ですが、私も東京もなんとか無事です。 ありがとうございます!

地震は、直下型でドーンときた阪神と違い、強く長い横揺れが数分続いたでしょうか。
鉄筋のオフィスでも、本棚の本が落ち、天井のモルタルがぱらぱらと散り落ちてきました。
昨日は、交通機関がマヒするなか、遅くに動いた地下鉄に運良く乗れたか、徒歩で帰宅した方以外は「帰宅難民」と化し、オフィスに泊まりこんだ方も多かったようです。

そういう私も、帰宅難民と化しましたが、たまたまいたオフィスで、都内の旅館に泊まりこむ「着地型旅行?」を提案し、7名で都内の老舗旅館に突然の予約で泊まらせていただきました。 旅館まで小1時間歩き、日が変わる深夜の到着。 風呂も温めておいていただき、旅館の温かみを感じた次第。 当日は、取消しの連続や、福島に急遽戻る中学校の問い合わせ、帰宅できなくなった方の連泊と、大変な騒動だったそうです。 そのなかで、運良く泊まることができました。 翌朝にはおにぎりの炊き出しまでいただき、帰宅しました。

若い方はカプセルホテルとか「シングル」を希望されるようですが、たまには同じ部屋の畳に枕を並べて寝るのもいいものです。 それこそ、被災を共有した者同士の連帯感として変わっていくと思います。

地震の翌朝に

今回の災害で、東北はたいへんなことになってしまいました。 先月、南相馬にも行ったばっかりです…
新潟や長野も被災していますし、まだ余震が続くので予断を許しません。

ただ、日本は(政治はふらふらしていますが)何度も地震や災害を乗り越えてきた強い国です。
激甚災害もかなり広範囲になってしまいましたが、復興基金をもとに、残った者で新しいまちづくりをきっとしていけるはずです。

まだ、発言するには尚早ですが、「東北・宿アライアンス」という、東北の応援団となって旅をしていただけるお客様を紹介しあえるような仕組みを作れればと願っています。 ただでさえ大きな災害被害を被っているわけで、そのうえ、風評被害だけはなんとか最小限に留めて欲しいと思うからです。

どうぞこれ以上の被害になりませんよう祈りつつ、今回の不幸を、将来の糧にできるよう、がんばりたいと思います。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。