« | »

2010.12.30

2011年「日本の宿」ヒット予測

2011年、旅館業界でヒットしそうなものを予測してみました。(2010年版はこちら

エリア的には、新幹線開通効果から「南九州」「北東北・函館」あたりと、大河ドラマ(江~姫たちの戦国)効果で「長浜など近江地方」、年末にスカイツリーが竣工する「東京・下町」あたりが脚光を浴びそうですね。

radiumkagaya

●第5位  「旅館で結婚披露宴」

婚礼の世界では、近年「和風がえり」が進んでいます。 出雲大社参道の「竹野屋旅館」(歌手竹内まりやさんのご実家)、新那須温泉の「山水閣別邸回」、松本の「ヒカリヤ」(扉温泉明神館経営の古民家レストラン)。 旅館で披露宴をあげたいというカップルが静かに静かに増えているようです。 貸切できる披露宴、手の込んだ料理、温泉でのくつろぎ。 今年あたりからブレイクしそうです。

●第4位  「パワスポ温泉」

2010年、パワースポット効果で、伊勢神宮が過去最高の参拝者だったのをはじめ、神々しい杉並木の続く戸隠神社には前代未聞の旅行客があったようです。 温泉の分野でも、温泉に入ってパワーをもらえる一石二鳥型の温泉地が脚光を浴びそう。 パワスポ温泉で売り出し中の「弥彦温泉」(新潟)、神社拝殿下から上質の硫黄泉がわいている「紫尾温泉」(鹿児島)、ミッフィー絵馬がご利益を導く「こんぴら温泉」(香川)などなど。

●第3位  「日勝生加賀屋」

2010年12月、台湾の北投(べいとう)温泉に「日勝生加賀屋」が誕生しました。 台湾の不動産会社「日勝生(Radium)グループ」と日本の加賀屋の合弁です(上写真)。 台湾の方々が日本に来なくとも日本旅館の粋を味わえるという触れ込みですが、日本で新しい旅館の話題が乏しいことや格安航空会社の就航もあり、きっと日本人もこぞって泊まりにいくことでしょう。 北投温泉は、秋田の玉川温泉同様、北投石という岩盤から高濃度のラジウムが放出されるという都市型温泉。 海外の温泉もいいものです。

●第2位  「解禁料理」

世の中ではメリハリ消費が定着してきました。 お金をかけなくてもいいところではかけない。 けど、かけるときはかける。 旅館もその典型に。 一時は、露天風呂付き客室が流行りましたが、流行らせた世代も30代後半~40代に。 世の中のイイものがわかる世代になりました。 ボージョレ・ヌーヴォーにうつつを抜かすなんざご愛嬌。 ホンモノ世代は、日本国内の解禁に走る。 日本酒なら、「ひやおろし」(秋)。 食材なら、例えば、函館の「真イカ」(6月)、浜田の「ノドグロ」(8月)、日本海の底引き漁解禁であがる「カレイ」に「甘エビ」(9月)!

●第1位  「お気軽(格安)旅館」

今年の第一位は「お気軽旅館」。 単なるバイキングで格安にするだけではありません。 極力「ネット直予約」にこだわり営業コストを抑え、サービスもローコストで仲居サービスは廃止。 食事を付けなくてもよい「素泊まり」も解禁。 料理もコースから定食風に。 いつでも気軽に泊まりにいける(1万円未満の)、LCC(Low Cost Carrier)ならぬ「LCI(Low Cost Inn)」が増えていくでしょう。 温泉と部屋だけあれば、こってりサービスと、がっつり料理は要らないという消費者ニーズがようやく旅館業界に届いたようです。 旅館業も背に腹は代えられません。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。