« | »

2010.12.25

2010年「うまかった旅館料理」BEST3!

  • 第3位  「新鮮野菜のシャーベット」 平山旅館(長崎県・壱岐湯ノ本温泉)

新鮮野菜のシャーベット

まず、第3位は、壱岐の新鮮魚介や自家製野菜を提供してくれ、旅館の料理や食材の通販も行っている壱岐の「平山旅館」の新鮮野菜のシャーベット。

これは、ドリップ(解凍時の水)の出ない業務用冷凍庫「NICE-01」のなせる技。 新鮮な生野菜を冷凍し、解凍時にいただくとまるでシャーベットのような食感。 脂ののったアラ鍋などのお凌ぎに、まさにぴったり。 りんごのように見えるのは「だいこん」。 紫色のは「さつまいも」です。 甘さがそのまま保存され、驚きの食感と味でした。

  • 第2位  「マタギの熊汁」 熊の湯温泉旅館(青森県・熊の湯温泉)

熊汁

第2位は、マタギのお父さんが経営する一軒宿「熊の湯温泉旅館」(夏季営業)の熊汁。

尚文のイノシシも捨てがたい味覚でしたが、主に自家用(プラス常連客用)の品にはうまいものが多いです。 熊肉はなんといっても、特徴はその脂。 熊脂はスキンケアとして使っても特級品の品質ですが、コラーゲンが溶けた味噌汁はとろとろアツアツ。 肉塊にかぶりつきつつ、汁をいただくと、体が自然とぽかぽかしてきます。 山の神に感謝しつつ、いただいた一品でした。

  • 第1位  「のどぐろ三昧」 三階旅館(島根県・有福温泉)

のどぐろ三昧

そして、第1位は、島根県の古湯、有福温泉の木造三階建て「三階旅館」の「のどぐろ三昧」!

晩夏に旬を迎える浜田港の「のどぐろ」を、年中仕入れて出してくれています。 ちょうど脂ののった頃にいただいて参りました(実は二度も…)。 定番の「煮付け」のほかに、1,500円を追加して「塩焼き」も。 コースには「のどぐろの肝」もついています。 脂がのっているので身崩れしやすく、なかなか流通に乗らないので、高級魚としても知られていますね。 地酒に合わせて、のどぐろ三昧。 もちろん、ゲタを鳴らして通う共同湯の「御前湯」も最高でした。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。