« | »

2010.12.12

旅館のまかない

hiyo

ヒヨドリの炙りを食してきました。 鴨網猟で引っかかったのでしょう。
タレをまぶし、炭火でチリチリと真っ黒になるまで炙り、ばりばりと小骨を砕きながらいただく、冬ならではの秘密の味覚。

もちろん、青首(マガモ)のステーキも絶品でした。
これ、旅館のジューショク(従食)のひとコマ。
食いしん坊万才!のプロデューサーさんと。 おいしかったですね。

残念ながら、ごくごくわずかな量なのでお客様には出せません。
でもおいしそうなものばかり。宿屋のまかないだけで本でも書けそうかも。

まかない料理を紹介する本だって、ありだと思います。
際コーポレーションの中島社長がレシピ本「男子厨房で遊ぶべし」を出版されましたが、
社長がありあわせでざくっと作ってしまったチャプスイ(具だくさんのあんかけごはん)なんかがそうですよね。 うまそう。

ちょっと、旅先での「まかない」に注目していってみたいと思います。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。