« | »

2010.11.24

Googleトレンドで読む今後の予測

Google禁断のトレンド

2011年に観光分野で何がヒットすると思いますか。ずばり、当ててみたいと思います。

そのキーワードは…「古民家」、「民宿」、「パワースポット」。

時代のトレンドを作ってきた団塊世代(60歳代)と団塊ジュニア(30歳代)が孫や子供と田舎に回帰したり、日本で最も多くなったシングル世帯が、パワーをもらいにいきたいという願望が強くなるだろう、という人口構造が生み出す社会的背景がその根拠にあります。事実、田舎体験やパワスポに集客効果を感じている地域は少なくないと思います。

その裏づけとして、ネット検索エンジン「グーグル」の一機能である「グーグルトレンド」で、そうしたキーワードを検索してみてください。検索数の推移が年々上昇傾向であることがわかると思います。すなわち、情報を探そうと検索する人が増えているのです。

一方、「旅館」というキーワードを見てみましょう。旅館業界の方が、危機感を抱くことは間違いありません。では、「旅館、民宿」と入力してみてください。今年の夏、「民宿」が「旅館」についに追いついた(?)現象は、キーワード検索上のことだけだとよいのですが。そうではなく、旅館の今まで通りのサービスが、時代についていけていないのだとしたら大変。 その危機感をアクションにつなげて欲しいと願っています。

ショッキングな検索は、まだまだあります。怒られるかもしれませんが、禁断の検索は「JTB、じゃらん」。

あるいは、「じゃらん、楽天トラベル」と検索すると、その勢いを感じ取ることができます。

ネット宿泊予約サイトの事実上の手数料アップに反対運動を起こすことは、旅館の気持ちとしては十分に理解できるものです。しかし、反対運動を起こしている陰で、しっかりと時代を感じ取り、自らの改革を起こすことが必要です。

この記事を読んで、「グーグルトレンドって何だ?」と言葉すらわからないようであれば、幸せな隠居生活を考えていたほうがよいのかもしれません。

きっと、青年部の皆さんあたりなら、すぐにパソコンを開き、次なるアクションに向けた議論を始めていることでしょう。精神論はもう不要。具体的な改革が重要なのです!


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。