« | »

2010.10.04

小値賀を暮らす大人の旅

ojikajima

小値賀島(長崎県)に行ってきました。

佐世保から高速船またはフェリーで約2時間。 五島列島のなかでも、平戸から続く五島山脈ではなく、火山が隆起してできた赤土の島。

ここに、かねてから構想が練られていた「古民家ステイ」4棟&「古民家レストラン」1棟が、オープンしました。

nichigetsuan

泊まったのは、小値賀港前に位置する「日月庵」。 部屋の窓からは日の出、月の出が眺められることから名付けられた2名用の古民家。 夕食は、その昔鯨問屋や造り酒屋だった豪商屋敷のレストラン「藤松」へ(車で10分)。 正門が海に向かって伸びる桟橋に向かっているのが、鯨の水揚げで賑わっていたころを彷彿させます。 朝食は(早朝出発でいただけなかったのが残念ですが)藤松からデリバリー。 なんて、ぜいたくな島旅でしょう。 コンラッド東京で修行を積んだ土屋さんの料理は(まかないから考案したシメのカレー五島うどんまで)最高でした。

小値賀を暮らす大人の旅。 小値賀島以外で買うことのできない「幻の(納島産)落花生」も、間もなく市場に出ることでしょう。

この後も、霧島温泉、奈良(平城遷都1300年祭)、高山、御岳山、白神山地(熊の湯温泉)、と点々と出張中。 今日もまた東北某地へ出没予定。 メール返信等もままならず、皆さん、すみません。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。