« | »

2010.08.29

現地発着(着地型)旅行でコミュニティーを元気にしよう

agamachi

8月29日の「新・報道2001」(フジテレビ系列)で、阿賀町(新潟県)のまちおこしの取り組みを紹介してもらいました。

なんか、わたしが中心に映ってしまった関係で、5月から長い時間をかけて、阿賀町の観光を考える会の皆さんを取材していただいたシーンの多くが映らなくて申し訳なく思っております。 思えば、2年前、4町村が合併したのを機に、津川町でのみ浸透していた「狐」ブランドを他3町村にも広げ、新生「阿賀町」のブランドに育てようと、ワカモノたちが考え始めたのがきっかけでした。 頑張って会を作り、稲荷の絵馬付き入浴手形に共同で取り組んだり、入浴剤を作ったり、いなりずしを町内全旅館で開発したり、運転資金を貯めながら、ブランド作りに取り組んできましたよね。 この夏、はじめて、現地発着旅行の企画に取り組んだのですが、残念ながら初年度の集客はなし。 でも、着地型旅行が市場に浸透するには数年かかります。 こんなことであきらめずに、前を向いて、進んで欲しいと願っています。

その他、松之山温泉の皆さん、五龍館の中村ゆかりさん、東鳴子温泉旅館大沼の大沼さん、成功事例としてロケしていただいたにもかかわらず、当日の放送時間の「尺」の関係で、映らなかったみたいです(涙) ごめんなさい。 代表して、沢渡温泉まるほん旅館の福田さんが映ってくれました。

着地型旅行は、地域に小さな経済循環を生むコミュニティービジネス。 地域が元気になることで、日本が元気になっていって欲しいと思います!


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。