« | »

2010.06.23

大量一律旅館料理からの脱却を目指せ

日本には美味しい食材が本当に多いですよね。美味しいものを地方で食べた時、本当に日本に生まれて良かったと思うことが少なくありません!

最近、秋田で食べた「棒あなご」。岩手で食べた「採れたてホヤ」。福島で食べた「モクズがに」。奈良で食べた「名水とうふ」。佐賀で食べた「わたりがに」。沖縄で食べた「山羊炒め」。

どれを取っても「産地直行」してこそ味わえる(お取り寄せなどできない)鮮度が命の食材ばかり。

こうした「鮮度が高く、現地でしか食べられず」「収穫量が少なく、大量販売ができず」「旬が決まっており、いつでも食べられるわけではない」食材を地域の商品としてもっと活用できないものでしょうか。

どうしてもこれまでは「大量一律通年販売」を前提としてきたがために、あるいは、旅程保証という「消費者”過保護”」に従属し過ぎてきたがために、地域のこうした素材を無視せざるを得なかったと思います。

しかし、消費者ニーズは、こうした稀少性に向いていると感じるのは私だけでしょうか。「いまだけ、ここだけ、あなただけ」が現代の消費キーワード。我慢して食べる旅館料理より、街に出て地域の素材を食べたい。そう思う消費者のあきらめが旅館宿泊客をどんどん減らしていっています。

旅館では、こうした食材を扱えないものなのでしょうか。これが根本の問題点です。

できないと仰る方が多いでしょう。でもそう言う前に、できる方法を考えてみることを強くオススメします。

季節が限られていること。早めの予約が必要なこと。安くはない上に時価で価格が変動すること。大量に用意できないこと。天候によっては仕入れすらできないこと。

これらは、すべて「説明」すれば済むことではないでしょうか。それすら面倒というのであれば仕方ありません。

価値を説明し尽くしていないがためにどうしても安く売ることばかりに目がいってしまいます。

安売りする前に、まず地域が誇る稀少価値の高い「美味しい食材」を紹介してみませんか。消費者を「過保護扱い」するのではなく、消費者に「教えてあげる」ことで、美味しい思いをより多くの方に分けてあげて欲しいと願っています。

那覇「さかえ」の「山羊炒め」。ジンギスカンをワイルドにした感じでクセになる!

那覇「さかえ」の「山羊炒め」。ジンギスカンをワイルドにした感じでクセになる!


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。