« | »

2010.01.26

旅館ホテルは「時間制」へ

日帰り温泉の「万葉の湯」が買収した箱根湯本の老舗旅館「天成園」が12月のオープン以来、好調のようです。好調の要因は、「23時間対応の日帰り利用」が好評を博していること。

日帰りと宿泊を組み合わせてお部屋を使うことができ、浴衣に着替えて温泉を楽しめ、滞在中にはもちろん食事もできる「時間買いシステム」です。

一方、京都では、次世代型カプセルホテル(トランジットホテル)「9hours」の登場がニュースになっています。

こちらも、何時から何時まで滞在しても最大14時間まで4,900円。宇宙船をイメージしたキャビンと快適性を追求したベッドやシャワールームが、はや旅人の心をとらえています。

共通するのは、旧態依然とした「15時チェックイン、10時アウト」というシステムを廃したこと。今後、ますます都市近郊型の旅館ホテルは、時間制に移行していくでしょう。この動きに着いてこられない宿は淘汰されるまで。

現代人は、高いから旅館に泊まらないのではありません。2日も旅に費やせないだけだと思うのです。

もうすぐ、ひなまつり。

ひなまつりを祝いたい潜在需要として「お嬢さんをお嫁に出したご両親」という市場があります。実家の押し入れに眠るお嬢さんのひな人形をもう一度出して飾りたい。お嬢さん夫妻やお孫さんと祝いたい。例えば、そうした需要に旅館は全く応えていません。

しかし、それぞれの日常で忙しい三世代が都合を合わせ、1泊するのはおそらく困難です。でも、日帰りなら集まれるはず。しかし、日帰りで部屋を使った食事と温泉を積極的に提供する旅館は極めて少ないのが現状です。

ご両親には、ひな人形を旅館に持ってきていただき、お嬢さんには内緒で自室の次の間に飾ってもらいましょう。それぞれのお部屋で浴衣に着替え、温泉を楽しんだ後、ご両親のお部屋で食事。全員集合したら、次の間を開けて差し上げるのです。懐かしいひな人形とともに、三世代がひな祭りの思い出とともに昔話に花を咲かせることでしょう。

旅館は、いま、一泊提供型から、時間提供産業へと変わらねばならないのです。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。