« | »

2009.12.16

美白のメッカ

男鹿(真山)の万体仏

今日は、大雪の秋田。 桜島も冠雪だとか。 全国的に冷え込んでいるようですね。

秋田へは「秋田美人」のネタ探し。 秋田に行って美白になりたい。そんな旅人も少なくないはず(特に海外市場)。

ちょうど店先に並ぶ「活性にごり酒」に、農ギャルが大潟村で作った「シブヤ米」(女性をかたどったペットボトル入り)。 乳白色の「乳頭温泉」のポスターに、真っ白な雪。ぷりぷりの「タラの白子」に豆腐たっぷりの「しょっつる」。 それに、色白の秋田美人とくれば、「秋田=美白」のイメージにぴったり!(ではないかと・・・)

でもって、訪ねたのが「男鹿・真山の万体仏」。(写真) 祠の内壁には無数の木彫りの仏様。 北東北に残るオシラサマ信仰のひとつだと思います。

万体仏

仏様に見立てた木彫りの棒には、紙が巻かれ、なにやら淫靡でもあります。 オシラサマといえば、蚕の神様。 むかし、美人の娘が蚕の化身となったという逸話もあり・・・、ここでも「白」のイメージ。

ということで、秋田は「美白のメッカ」に決定(と勝手に思っている次第)。 どれだけ地元の方々がそう思っているかですが・・・。

年明けには、「なまはげ」と美女を連れて、エキゾチック秋田を売りに海外へ。

一方で、12月の秋田の浜辺は、真っ赤に染まります。

ぶりこで深紅に染まる男鹿の浜辺

これは、ハタハタのぶり子(波にさらわれた卵)。 白と深紅。 秋田の冬は、「月の日の若い美女」とでも申しましょうか。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。