« | »

2009.11.30

小型トランクの機内持ち込み制限開始!

手荷物制限(伊丹空港)

左の枠に収まらない荷物は預けなくてはなりません。結構小さなバッグでもギリギリ。重さは一人20kgまで。

今日は九州出張。

女子プロオープンが開催され、ギャラリーでごったがえす宮崎空港から福岡へ。静かな日曜日の中洲で五島のクエ&冬サバをいただき、今夜は関空泊まり。

ということで、連日、飛行機に乗って移動していたのですが、今日から手荷物検査場が異様な雰囲気になっていました。正式には12月1日からですが、既に今夜から「手荷物品の大きさ規制」が開始され、規定の大きさを超える手荷物品は持ち込めないことになったのです。そのため、手荷物検査場のX線検査の機械には、持ち込めるサイズに切られた「枠」がはめられ、それに入らない荷物は通過できないことになりました。

これは、結構初めてのときはドキドキもの。 というのも、この枠で空いた穴が意外に小さいのです!

これを通るだろうか……結構通らないサイズのバッグを持った方も多く、「あっ通らない!」って時は、多少係員が枠をずらして通していたりしていました。 小心者の私は、こそこそと先に荷物を預けてしまいましたが…..

この穴がターゲットとしているのは、がらがら引っ張る「小型スーツケース」。

これまで、携帯でチェックインし、カウンターを通らず、機内に小型トランクを持ち込む人たちが後を絶たず、私もこれまで「すいません、棚に入らないんですけど」とクルーを呼び止める人をずいぶんと見てきました。そんなデカいガラガラ小型トランクが完全にターゲットとなったのです。

どうぞ皆さま、くれぐれも、機内持ち込み手荷物のサイズにはご注意を(各航空会社共通です)。

▼機内持ち込み手荷物のサイズ規制について

http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/baggage.html

http://www.jal.co.jp/dom/service/bags/


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。