« | »

2009.11.21

山小屋ブーム到来か

山小屋ごはん

「農ギャル」と呼ばれ、ケバい渋谷系のおネエちゃん(藤田志穂さんという立派なベンチャー企業社長)が、秋田の大潟村で米作りをして脚光を浴びていたのも束の間。

昨年あたりから静かに増殖し、行動に出始めたのが「森ガール」。

くるくるカール髪にフード付きジャケット、ポシェットのいでたちが「森にいそうな女の子」から来た命名で、すでに「森ガール」向けのファッション誌が何誌も出版されています。

その彼女たち(もしくは森ガールとは別の山ガール系か)が、昨夏から、山にどんどん行き始めているようです。70~80年代に山に登っていて、その後シニアにフィールドを奪われた者にとっては(自分がシニアになっているのに)、ちょいと嬉しい現象ではありませんか!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/271596/

巷では、「山小屋ごはん」なる本が、森ガール本の隣に平積みされています。おそらく、その筆頭に紹介されている山小屋フレンチの「鷲ヶ峰ひゅって」とか、手打ち蕎麦の「高峰温泉」とか、御師料理の東京・御岳山「山楽荘」とか、来春から夏にかけて、20~30代女子にうめつくされているかもしれません。本当は、静かな冬もいいんですけどね。

男子も、草食系とか言われてたり、国分太一とケンタロウの「男子ごはん」(TV東京系)が人気だったり、男女とも「DASH村世代」が社会人になってきたといえましょう。

20代が旅に行かなくなったとか騒いでますが、それは観光庁的な「旅」であって、こういうところで、しっかりと彼女たちは旅に出ているのだと思います。

今年は、山小屋ブーム来るかもね。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。