« | »

2009.10.31

2010年「日本の宿」ヒット予測

2010年、旅館業界でヒットしそうなものを予測してみました。(2009年版はこちら

2010年は、円高が続き海外旅行が復活しそうですし、南アW杯&地デジ攻勢での「おこもり」傾向も見えているので、国内旅行は抜本的イノベーションを図らねば厳しい年になりそうです。そんな中で一筋の光明は…

朝食

●第5位  「ミッドナイト・チェックイン」

とにかく、「2日連続した休日がなければ一泊旅行ができない」というジレンマを乗り越えねば、日本の宿の利用者は減り続けるのは間違いありません。0泊2食ブームになりかけた09年に続き、これまで、発想は良いのだけど実践する宿が少なかった「深夜チェックイン+朝食+夕食」のスタイルもこれに続くことでしょう。忙しい現代人のために、「1日休みがあれば一泊旅行」!

●第4位  「四国・瀬戸内」

何だかんだと言って、大河ドラマの舞台は程度の差こそあれ、脚光を浴びます。2010年は「龍馬」。高知・桂浜を訪れる方は間違いなく増えるでしょう。静かに「お遍路」を巡る人々も増えていくでしょう。それと、静かに若者や文化人が訪れるであろうが、「瀬戸内国際芸術祭」。瀬戸内の島々と高松を舞台に、国際的アーティストがアートを繰り広げます。09年の大地の芸術祭(新潟)に続き、ブレイクしそうです!

●第3位  「専用旅館」

これまで、いろいろなお客様を区別せずに宿泊させていた旅館。そのため「我慢」して泊まっていた方も多いはず。そこで誕生するのが、専用旅館。「女性専用旅館」「全館禁煙旅館」「子連れ専用旅館」「シニア専用旅館」「ペット同伴専用旅館」。ここでも、オヤジは排除される運命なのか!快適に過ごしていただくために、選択と集中の流れができそうです。

●第2位  「朝食のおいしい宿」

旅館にとって、食事で差別化しようと思い、残された聖域が「朝食」。海苔に卵、というクラシックスタイルをあえて貫くか、調理人が手をかけ、見て楽しく、食べておいしい朝食&ブランチを提供するスタイルを生み出すか、いずれかの選択をする時が来たような気がします。地卵のオムレットの黄色。季節の野菜のすり流しスープの緑、赤。乳酸菌たっぷりの青魚の干物。つやつや光る新米ご飯。夕食以上に朝食を楽しみたい人が増えています。

●第1位  「温泉オフ会」

2010年、復活しそうなのが、仲間旅行。そう、旅館にとっては待ちに待ったグループ旅行の復活です。牽引するのは、50代と30代。50代は古い友人との同窓会。子育てが一段落したモダン世代が温泉に戻ってきます。集うのが好きな20-30代は、憂さ晴らしのオフ会。街を抜け出し、会社のメル友で、女子会で、サークル仲間で、「温泉でオフ会」のノリが流行りそう。お金はあまりかけられないので、近場の温泉旅館でね。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。