« | »

2009.09.26

シンプル族の評価は「旅館は7等賞」

20~30歳代が多く住む都心の大規模マンションの夏祭りのフィナーレで、温泉旅館のペア宿泊券も当たる抽選会があるというので出かけてみました。

景品の旅館は比較的有名な宿でしたので「当然、1等か2等だろう」・・・と考えるのは、実は古い発想だということを、そこで思い知らされたのです。

大盛り上がりの抽選会の1等賞は、任天堂のゲーム「Wii」。2等賞は東京ディズニーランド。3等賞は、「i-pod」。4等賞はスーパーの商品券・・・。

そして、温泉旅館ペア宿泊券は、哀しいかな、8等賞の体重計のひとつ上、7等賞だったのです。旅館なんて「体重計と同程度の価値」だったのです。

30歳代の夏祭りの実行委員に聞くと、「温泉旅館は、そこまで行く交通費がかかるし、第一、無料は2名分なので、3名以上の場合は有料になるから人気ない」との弁。2名ならTDLも同じだと思うのですが、ディズニーランドはカップルで行くからいいそうな。

この夜、若い人が旅行に行かなくなった、という現象の一端を垣間見たとともに、これからの旅館の方向性を教えてもらったような気がしました。

第1に、これからは「グループ旅行」が戻ってくるような気がしました。旅行とは、彼らの言葉でいう「オフ会」です。メールで繋がっている彼ら・彼女たちはカップルで旅館には行かず、これからは複数名で行く嗜好を持っているようです。当然、我々は「ホームページでのグループ予約」ができるように、至急対応すべきでしょう。

第2に、マイカーが減り、「電車・バスでの旅行」が増えるでしょう。車の所有台数が年々減っている事実がその予感を裏付けています。そこで、我々は、電車とセットで宿泊を案内することや、電車利用日帰り旅行への対応も考えていかなくてはなりません。

現代の若者は「シンプル族」と言われ、シンプルな生活を志向しています。インターネットを日常道具として情報を収集し、個人の価値を高める生活を望んでいます。彼らに対応した旅館を作れるかどうかが、今後の売上にかかっていると言っても過言ではないと思います。興味ある方は「シンプル族の反乱」(三浦展著)のご一読をお勧めします。


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。