Home > 2月, 2011
2011.02.03

女子会、ママ会は旅館が苦手!?

「女子会」や「ママ会」が盛んです。

リード役はいつも新たな消費を作っている団塊ジュニア世代(30代)。社用族のいない土曜の夜、居酒屋で子連れママ宴会なんてのもよく見かけるようになりました。

ぜひ旅館でも「女子会」をやってくれてもよさそうなものですが、とりわけ若い女性にとって、実に使い勝手の悪いのが旅館なのです。

まず、宿泊人数が変わると料金が変わる点。不公平感なくワリカンにしたい女子にとって、例えば4人(この場合1室)で行くか、5人(この場合2室にしたい)で行くかで一人当たり料金が変わるって、とっても面倒。直前に予定が変わるなんてのは日常茶飯事の女子本位で考えると、旅館料金はそのあり方自体で女子を拒否しています。

旅館の方にしてみれば「そんな時は電話してもらえれば」って言われそうですが、Web予約で完結したい時代、利用客が電話してくることを期待すること自体がナンセンスです。

さらには、「男性が食べる量」に合わされた旅館料理。食べたい物を食べたい時に食べられない、「酒飲み」に合されたペースではトークもイマイチ盛り上がりません。仲居さんとの会話も苦手。ゆえに、女子は「バイキング」が大好き。それも、安ければいいというものではなく、オープンキッチンで手間の掛けられたビュッフェを好みます。

旅館は、そのほとんどが、誰かが一括で料金調整をする「幹事役」がいて、かつ「日本料理」を味わっていただくことをその前提としてしまっています。すなわち、居酒屋感覚で、ワリカンで会費をその場で集め、おいしいものをお腹の具合に応じて食べたいという宿泊客は、どの宿にも行けないのです。バイキングチェーン旅館でさえ、部屋単位の宿泊人数により料金が変わります。結果として、「居酒屋で女子会」になってしまうんですよね。たまには温泉で盛り上がりたくとも・・・。

女子会プランを作るなら、せめて4人以上なら料金は同一(定員上2室使おうが)、料理もシェアできるような大皿で飲み放題付き、くらいにしなくてはね。

さて、予約システムが対応できるかな。

« Previous


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。