Home > 1月, 2010
2010.01.09

政府の「休暇分散化」に思うこと

国土交通省は、今年(2010年)、「大都市の一部自治体を実験先として、学校の休暇を分散(夏休みの一部を秋休みにシフト)し、企業の休暇を極力学校に合わせるよう働きかけ、『休暇分散・旅行促進』の実証実験を行う」 と、日本経済新聞に載っていました。

いろいろと細かな問題(果たして企業がそれに従うかなど)はあると思いますが、ぜひ、積極的にやって欲しいと願っています。 というのも、とにかく、旅館が高いのも、地元が観光に積極的にならないのも、全て根っこまで考えていくと、「週末偏重」が原因になっていることが多いからです。

こうした構造と休暇分散の必要性は、政府の休暇分散化ワーキングチームのオブザーバーであり、もともと休暇分散を主張し続けている星野リゾートの星野社長作成のシートをご一読いただければ、よく理解できると思います。

ただ、果たして休暇分散すれば(消費者側の構造さえ変えれば)、需要は平準化されるかというと、そうはならないと思うのですね。 もちろん、それも必要ですが、もう一方で、供給者側の魅力をどう高めるかという議論や実践がなされていないからです。 下手すりゃ、帰省の回数が分散化されるだけ(道路や運輸はそれでよいでしょうが)、になると思います。

例えば、平日用典型的商品である「0泊2食」について、12月にTBSテレビで取材していただき、実際にモニターのお客様が鬼怒川でご体験されたのですが、素晴らしい商品とおほめいただくとともに(取材後にプライベートでも行かれたとか)、「こういう時代にあった商品がごくわずかの旅館でしかやっていないということが問題」と指摘され、「旅館業界が、一泊二食の旅館に連泊するとでも思っているなら、大きな誤解であり、おごり極まりない」というお客様のメッセージを、制作担当の方から伝えていただきました。 つまり、平日用の魅力的商品や工夫がなさすぎ!!!なのです。

旅館の経営診断が私の仕事のひとつなのですが、分析の際によく測るのが、一般客と常連客のシェア。

常連客は「景気に左右されない」が、一般客は「景気に左右される」のが明らかなためです。 一般客比率が高いほど、景気の波を浴びやすい。 規模にかかわらず、その旅館が常連さんを作る努力をどうしているかが、旅館の経営を左右すると言っても過言ではないのです。 そして、常連さんほど、平日に来てくれるものなのです。

一般客の動き(黒点線)は、家計消費支出(黒実線)に並行しているが、常連客(赤点線)は、景気と関係なく推移している。

一般客の動き(黒点線)は、家計消費支出(黒実線)に並行しているが、常連客(赤点線)は、景気と関係なく推移している。

その点、平日の魅力を高めるため、いろいろな対策を打ち、すぐれた接客で常連さん予備軍を作っていくことに努めるか、あるいは、旅行会社主催の賀詞交歓会に行って頭を下げまくるか、旅館の未来がここで分かれているような気がします。

こうした、民間企業の動きに関しては、政府は口出しはできないので、民間側の努力に委ねられているのですが、民間企業で平日の需要喚起に前向きになっている先導企業があるでしょうか。 旅行会社も、予約サイト会社も、土曜日の客室確保のほうに忙しいようです。 ただ、そうしていると、いずれ観光産業そのものが倒れるというジレンマに陥るはずです。 民間企業(特に中小企業業界)の長期的視点はいったい誰が考えればよいのでしょう!

賀詞交歓会や新年会のシーズンです。 よいお酒はいいのですが、悪いお酒の飲み過ぎにはお互い気をつけましょう!

2010.01.03

鎌倉に泊まる

newkamakura

初詣がてら、鎌倉に行ってきました。

鎌倉というと、日帰りのイメージが強いのですが、とんでもありません。 素敵なホテルや旅館が、あるではないですか。

鎌倉駅西口すぐのところに立つ大正時代の洋館は「ホテルニューカマクラ」。 大正末期に「ホテル山縣」として創業し、何度か人の手に渡り、現在ではしっかりと、また「素泊まり専用ホテル」として、多くのリピーターに愛されています。 このホテルは、かつて芥川龍之介と岡本かの子の出会いの場所であったとも。 何ともロマンチックです。

newkamakura_room

部屋は、大正期の本館(アウトバストイレ・バスルームは共用2室)に11室、増築した新館に15室。 レトロな部屋あり、天井をぶち抜き梁を見せた山小屋風の洋室あり、と多種多様。 ローズピンクのかかった「さくら」の間は、目の前に桜の木。 映画や雑誌のロケが多いのもうなずけます。1泊ツインRC10,000円から。

kaihinso

江ノ電に乗り、2駅。 かつての別荘地や外国人の保養地として名高い由比ヶ浜を下りれば、富士製紙社長の大正期建築の別邸を旅館にした「かいひん荘鎌倉」。 こちらも、国登録有形文化財の洋館2室をベースにした宿。 一泊二食で泊まりたいときには、ここがよいですね。

kaihinso_lounge

1階ロビー奥(洋館1階)には、バーラウンジ。 今ではコーヒーラウンジとして使っているようですが、おそらく客層の年齢が高いからでしょう。 夜にはバーとなれば、もっと雰囲気が出るかもしれません。

taisenkaku

由比ヶ浜のお隣は、長谷観音で有名な長谷駅。 その参道脇には誰もがのぞきたくなる古風な旅館「対僊閣」。 明治創業の旅館は、関東大震災で残った建物で今でも営業中。 二階に5間(ふすま仕切りの2間が一室、3間の広い部屋が一室)。 観音様への参拝者の姿を眺めながらの投宿も一興でしょう。 現在では、まだまだ現役の女将さんが仕切り、朝食のみ提供しています。1泊朝食付き7,800円。

taisenkaku_room

裏手には山が迫り、目の前は、材木座から由比ヶ浜と砂浜の海岸。 晴れた日には、江の島越しの富士。 たまには、近場の穴場に投宿するのもよいものです。 江の島、鎌倉、大山、御岳、筑波山。 関東には、社寺参拝者を泊めた、粋で渋い宿が残っています。

鎌倉は、様々な調査でも「住みやすい街」として知られています。 その分、住民意識も高く、ややもすると、宿泊客に対する思いにも様々なケースがあるかもしれません。 鎌倉が一皮むけるとしたら、観光客と住民が高い意識で共存できる地となれるかでしょう。 今後に期待していたいと思います。

2010.01.01

新年あけましておめでとうございます。

sophiauniv

2010年。あけましておめでとうございます。

新年を迎え、今年が皆さまにとってよい年でありますようにお祈り申し上げます。

手前味噌な話で恐縮ですが、私にとって今年は大学を卒業して四半世紀の節目の年。 当時、身の程も知らず、グローバルな仕事がしたくて海運会社ばかり受験し、全敗。 結局、最後に受けた旅行会社に「拾って」もらって、私の今があるのですが、バブルに浮かれ、バブル崩壊の洗礼を受け、会社創業もして、挫折もして、気がつけば、日本の人口のピークまで経験できた貴重な25年でした。 同じ時代を生きた皆様、お疲れさまでした。

節目の年。 今度は自分の会社で、旅行業登録を申請します。 25年前とは違った形で、各地の日本の宿とともに「新しい旅行業」を手掛けていきます。 いずれその経緯や内容はこのブログでお伝えしていきたいと思います。 本日の日経MJで、はるか後輩の知花くららさんが語っていた、「今日温泉に行きたいな、と聞いたら(その人にとって、その人の目的によって)ベストな温泉が5つ出てくるような」、そんな機能を作っていかねば、日本の温泉地、日本の宿は共倒れです。

国内外で波乱万丈な年になりそうな2010年ですが、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

« Previous


当サイトへのリンクはフリーです。掲載の写真等の無断転用は禁止しております。引用・転用をご希望の方は、ご連絡をいただければ対応いたします。